引越し前の荷物整理徹底解説

家を新築して、引っ越した時の話です。

同じ市内の引っ越しで距離的には短いので、あまり引っ越しという感じじゃないのですけど。
ただ、元の家は20年近く住んでいたこともあって、物が蓄積されまくっていて、それらの整理・処分が本当に大変でした。
引っ越しに使うトラックの積載量にも限界がありますから、いらない物は極力処分!処分!の連続でした。
古い家電が結構な量あって、市のごみ処分に出すとお金がかかるので、そういうものはハードオフなどのお店にほとんどタダで引き取ってもらいました。
ウチで案外大変だったのは本。
サイズにもよりますが、本は30冊を越える辺りから重さがずしっと来ます。
古本屋に出張買取してもらうにはちょっと数が足りなくて、自力で運ぶことになって、重くて腰に来ました。
かといって、市のごみ収集にタダで出すのは惜しかったので、がんばりました。

 

おすすめされた、引っ越し激安さん

 

実はこちらに聞いても本は段ボールに20冊以上入れるのはおやめください、という指定をしてましたので、やっぱり重いのでしょう。
自分の身の周りのものだと、小学校時代からのノートとか紙類の処分が結構手間でした。
この時は手で破りましたが、シュレッダーを持っていると便利だったな、と思います。

 

 

ダンボールは手で破ると、結構手が疲れます。
服も派手に処分しました。
ブランド物だと、オフハウスで値が付きますので、買い取りに出したりしました。
冬に夏物を出しても買い取ってくれないこともありましたので、時期には注意が必要です。
押入れの奥からビックリマンシールが出てきたので、それはヤフオクに出品。
割と値がついてびっくりしました。
食器類は全部1個ずつ新聞紙に包み、特に弱そうなのは、その上からさらにプチプチで包みました。
まぁ普通でしょ、と思ってたのですが、引っ越し屋さんにはここまでする人はいないと言われて、何か意外でした。
引っ越し屋さんによっては、食器専用の収納ボックスを用意してくれるところもありましたが、ウチは距離も近いしそこまではいらないと判断して普通に梱包しました。
ただし、パソコンだけは専用の収納ボックスを使いました。
しかし、今にして思うと、あれもいらなかったかもと思います。
別の機会でパソコンの修理で普通に段ボールで梱包して送ったことがあるのですが、何ともありませんでした。
個人的にはよほど大事なデータがあるなどの理由がない限り、必要ないと思います。
冷蔵庫の中の物を消費するのも結構大変でした。
少しずつ消費していったのですが、どうしても最後の方になると組み合わせが難しくなってくるのが悩ましかったです。
鮎の干物とバッテラ用の昆布とかんぴょうとか...
わさびなどの生タイプの調味料の類も処理に困りました。

ウチは引っ越しと同時に冷蔵庫も買い換えて、新居に新しい冷蔵庫が来るまで2日ぐらいブランクがあったので余計困りました。

ギリギリまで使い切って、後は人にあげたりして、それでもなお余った分については、氷を入れた発泡スチロールに入れてどうにか凌ぎました。
4月上旬ごろで、まださほど暑い時期でなかったので、何とかなった感じです。
母親以外は昼間は外で仕事している都合上、梱包の時間が十分に取れませんでした。

 

最後の方は壊れにくいと思う物に関しては、かなりいい加減に段ボールに放り込んだ記憶があります...
それでも、荷物で破損したものは思っていたよりも少なかったです。
たまたま運がよかっただけなのかもしれませんが。

 

引っ越し当日のことは私は仕事でいなかったので、よくわかりませんが、母は早くてあっという間に終わってびっくりしたと言ってました。

 

引越し当日のことはこういった情報サイトも役立ちます。

 

>>>>>>>引越し即日 -何らかの事情があり即日引越ししたい人のための情報サイト

page top